スマートフォンアプリ?ゲーム企画から開発まで | 株式会社 カラクリズム

MENU

スタッフブログ|スマートフォンアプリ?ゲーム企画から開発まで | 株式会社 カラクリズム

新卒 2 年目インタビュー【 第 1 回目 】

こんにちは。広報の白米大好きOです。
今回のブログはタイトル通り、新卒 2 年目インタビューです!
1 年前入社した頃から現在までに成長したところや、
経験して学んだところや失敗談など色々聞いてみました。
是非、読んでみてください!

第 1 回目はプログラマー、くわさんのインタビュー記事です。
くわさんは去年、ブログを担当してくださいました。
是非、こちらのブログもチェックしてみてくださいね。
リンクは下記に記載いたします。

================================================
↓ ↓ ↓ くわさん過去ブログ記事はこちら ↓ ↓ ↓
【冴えない新卒の育ち方】
================================================

◆ 新卒 2 年目 インタビュー第 1 回目 ◆
1.カラクリズムに入社して2年目をむかえましたがどう感じていますか

このインタビューをされてようやく実感がわいてきた、というのが第一印象ですw
もうすでに新人さんが入ってきて先輩になったんだと思う反面、
僕自身まだまだ足りない箇所が多く、これからも良い環境で学んで挑戦できたらと思います。

2.1年目で苦労したことを教えてください

この質問、個人的に結構心に来る内容なのですが、
特に苦労したのは「 ホウレンソウ 」です。
入社当時、「 ホウレンソウ 」をしなかった為にいろんな人に迷惑をかけていました。
今では人一倍ホウレンソウを心がけています。

3.1年目での失敗してしまったこと、それを乗り越える為に心がけたこと、
取り組んだことを教えてください

「 苦労した事 」と内容が被ってしまっているのですが、
ここも「 ホウレンソウ 」です。
これは僕の持論ですが 20 歳を過ぎた人はなかなか新しい考え方を
取り入れようとしなくなっていると思います。
これに漏れずに当てはまっていた僕は時間をかけてでも直そうと思い、
とにかく作業内容をメモする様にしました。
メモをすることで僕自身作業内容を忘れることもなく、
朝段階で今日何をするか報告、帰り際に翌日以降の連絡、
困ったことがあった際は明確にして相談をすることができるようになったと思います。

4.仕事を通じて、達成感を感じるときはどんなときですか?

ものづくりをしている為、やっぱり思うのが自分の成果物に対して評価をもらえた時です。
ただし、評価の内容が良いに越したことはないですが、
僕が特に欲しいと思うのは「 こうしてあるともっと良くなるんじゃないか 」という感想です。

「 達成感を感じる 」とかけ離れているように思えますが、
今後自分の課題になりえる箇所が見つかったときが一番成果物に対しての達成感が大きいです。
「 今回はこれができた 」よりも「 次はこれが出来たら良いなぁ 」の方が大事かと。

5.カラクリズムはどんな社員が多いですか?

おそらくみんなが承知、周知の事実だと思いますがオブラートに包んでいうと
「 変な人の集まり 」です。
これは個人的に誉め言葉なのですが個性があるというのとても大事で、
その日その時の気分で話相手を変えたり話題を増やすことができて飽きません。
「 自分がある 」人が多いのはとても良い環境だと思います。

6.入社当初と比べて、ここは成長した!と思う部分を教えてください

これは僕個人が常に心がけている事なのですが何よりも面白さを重視しています。
そのため会社では常に面白い話題提供ができるようにと日々トークスキルを磨いているので、
入社当初よりは面白くなっていたら良いなぁ、と思います。

7.また、これからどのように成長していきたいですか?

僕自身まだプログラマーとしては経験も知識も浅く、
人並みに勉強や業務をしているだけじゃ足りないと思っています。
今年一年を使って様々なカンファレンスに行くのはもちろんですが、
ゲームやアニメが関係するイベントにも積極的に興味を持って足を運んで
仕事で使える色々な知識をつけながら自分磨きをしていきたいです

8.ここは誰にも負けない!自信があることがありましたら教えてください

土日を有効的に使う方法なら負ける気がしません!
土曜日も日曜日も気分は夏休みキッズ、遊びに遊びます

9.今後、仕事で挑戦したいことを教えてください

最近特に思うのがざっくりですが「 画面に表示されるもの 」です。
さわりだけですが Shader を使ってみた時に、
初めてゲームをやったときのようなドキドキワクワク感がありました。
やっていて面白いと思える技術なので、
いつか人に見せられるレベルまで習得し業務で使ってみたいです。

10.最後に今後入社する後輩に向けて一言お願いします!

正直、どこの会社に入っても自分がやりたいと思っていた業務ができる人は本当に少ないです。
そこで自分がやりたい業務じゃないからって言って投げるのもなんか違うし、
「 俺はお前らとは違うんだ。実力はもっとあるんだ 」と言ってるのはもっと違うと思います。
まず思ってたのと違う業務でも一旦やってみてはどうでしょうか。
やる事やらずに文句言うのはキッズでもできますし、
得られる物があれば決して無駄じゃないと思います。

インタビューは以上です! 次回のインタビューも濃厚な話になってます。
是非次回もみていただけたら嬉しいです。
新卒 2 年目インタビューは全 4 回でおとどけします。

第 2 回もお楽しみにお待ちください!

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 新卒 2 年目インタビュー【 第 1 回目 】
中文字幕 制服 亚洲 另类_向日葵视频app下载_伦埋琪琪电影院